読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はてな@ゆーまに

ニュースで気になったことから色々調べたことをまとめてます

こどもの日になんで五月人形が飾られる?

f:id:hatemani:20170426175710p:plain

 

こんにちはー、くー。です(`・ω・´)

 

もう明日はこどもの日ですね。こいのぼりもですが、同じようにこどもの日に

飾られる五月人形も日本全国のイベントや家庭で飾られているみたいです。

 

こんなニュースもあり、 五月人形が飾られている博物館などに足を運ぶのも連休の

休暇にイイかもしれないですね。

 

 

 

で、今回はこいのぼりと同じくこどもの日の象徴である五月人形について調べて

みようと思います。

 

五月人形の対のようなものに雛人形がありますが、たぶん子どもの成長を願って

作ったのかな?という想像しかなく、雛人形みたいに出すのを忘れたら嫁に行き

遅れるみたいなエピソードがあるのかな?と疑問が浮かんだのです。

(この話はよく耳にする話ですけど、実際のところどうなんですかね?)

 

ということで、気になる方は下にどうぞお進みください。

 

 

 

 

 

五月人形は何で飾るの?

調べてみると五月人形は男の子に災いや病気が降りかからずに健やかに過ごせるよう

飾るとのことです。また、人形は古くから持ち主の命を守る身代わりとしての考えも

あり、そういう面からも五月人形は飾られていたとのこと。

五月人形が兜や甲冑を身に着けている理由

五月人形は兜や鎧を身に着けており、むかしの武士のような格好をしています。

これはこいのぼりについての記事と少し関連する話ですが、武家(お侍さんの家)

では端午の節句にのぼり以外に兜や鎧を座敷に出すという風習がありました。

これは端午の節句が菖蒲の節句とも言われる理由から菖蒲を尚武(武道・武勇を

重んじること)とかけて厄除けとして兜や鎧を飾るようになったことにつながって

いきます。

 

 

五月人形はひとりにつき1体ずつ?!

五月人形その男の子の身代わりとなって災いや厄を引き受けてくれる人形です。

そのためもし次男や三男・・・と男の子が生まれた場合、ひとり1体ずつ五月人形

必要になってくるようです。ひとりひとつずつってスゴイな!

 

 

五月人形が飾る期間は?

五月人形春分の日あたりから4月の中旬までに飾る風習があります。

で、雛人形とおなじく毎年飾る必要があるとのこと。

小さめの五月人形なら良いけれど、大きいものだとこれは結構大変そうですね・・・

むかし父が雛人形を出そうとして腰を痛めた話を思い出しました。

 

 

まとめ

五月人形は男の子の成長だけでなく、健康や厄除けのためにもある人形ということが

分かりました。まぁたしかにそんな理由だと(お金はかかるけれど)ひとり1体ずつ

五月人形が必要ということが理解できるなぁと納得する、くー。なのでした。

 

 

 画像提供元フリー写真素材ぱくたそ